ビジネスチャンスを掴める!電話代行で取りこぼしを回避

社員不在時の受電が可能に!

電話代行を活用することで、社員が不在のタイミングに掛かってきた顧客からの電話を取りこぼすことが無くなります。立ち上げ当初のベンチャー企業など、少人数で運営をしている企業では、電話対応のために事務員を雇う余裕がないものです。電話代行サービスを活用することで、社員が外回りに出ているタイミングに電話を受けることへの不安がなくなります。自社の電話に転送機能が設定されていても、商談の最中などでは、思うような応答ができないものです。慌てて対応してしまうことにより、顧客の機嫌を損ねてしまったり、新規案件を逸してしまっては、意味がありません。人を雇うコストよりも安く、顧客からの電話の取りこぼしを無くすことを実現するのが、電話代行を利用するメリットです。

自社のビジネスに適した対応が可能

電話代行で働くオペレータは、長きにわたって電話業務に携わってきた、電話業務のプロが殆どです。基本的な留守対応は勿論のこと、独自のヒアリング項目の追加など、柔軟な対応を行うことが可能です。対応する日程や時間も、都合に応じて依頼を行えます。夜間に掛かってくる電話への対応や、土日に受ける必要がある顧客からの問い合わせ対応など、業務上の都合に応じた依頼の仕方が可能になっています。 代行会社によっては、受電業務の代行は勿論のこと、テレマーケティングなどの架電業務の依頼ができる場合もあります。問い合わせ対応だけではなく、新規商材の掘り起こし業務も依頼することで、業務効率を大きく向上させることが可能になるのです。